熱は引いたが。

施設の患者さん、レビー小体型認知症で診ています。10日程前から熱がありました。風邪か?肺炎か?尿路感染か?と検索をしながら、抗生物質を投与しましたが、解熱しません。検査をすると、どうも感染症ではなさそうです。そこで、消炎鎮痛剤を投与しましたら、熱は引きました。ここで喜んではいけません。消炎鎮痛剤が効くということは、悪い病気が潜んでいると言う事です。元々前立腺がんを持っていましたので、その悪化、再発が考えられます。骨の痛みはありませんが、よく食べているのにガリガリです。排尿困難もありません。明日の前立腺がんの検査をして、確認したいと思っています。確認できても治療は無理ですが、はっきりしておく方がいいですから。


終わりよければ

83歳の男性、自転車で転んでやってきました。傷はたいしたことはありません。色々おしゃべりを始めました。奥さんが死んでから、娘が二人で、お金を取っていなくなったそうです。今は独居高齢者になっています。さぞかし、悲しい思いで居る事でしょう。この年になって、嫁さんにも死に別れ、子供にも逃げられ、年金だけの生活と言っていました。人生の最後に、この状態では、終わり悪けりゃ全て悪いと言う事です。今更何処が悪いかと考えても、どうしようもありません。これは結果です。孤独死にならないように見守っていきます。幸い私の家の近くの人でした。


アメリカ人

本日は,遠方からアメリカ人がやってきました。大阪の大学に留学中の人です。昨日,自傷行為をして留学の継続をするべきかの判断に私が意見する事になりました。本日は日曜日で精神科は何処もやっていません。遠くても私のところしか頼る所がありません。通訳の先生が付いてきてくれていて助かりました。英語は少し話せますが、聴く方が苦手です。日本に馴染めずにストレスになっているようです。友人関係でもつれて気持ちの持って行きようがなくて、爆発したそうです。誰でもそのような事はあるので、特に問題にしないで、don't mind と本人に伝えました。留学期間はもう少しですので、それまでは頑張って帰国するように書類を作成しました。珍しい症例でした。



S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最新の記事

アーカイブ

コメント

その他