自信をなくす。


今回のコロナ騒ぎ、洪水騒ぎで多くの人が生きることに自信を無くしていませんか?   世の中、何を信じていいのかわかりません。夢、希望を持てません。夢、希望無しに生きるのは、苦痛のみが伴います。何方を向いて歩むのかわからなくなります。誰も道案内出来ない現実も悲しいものがあります。どうしましょうか?


関連する記事
コメント


#メディアに誘導洗脳される社会と
#安心安全を追求する社会の息苦しさ


PCR(遺伝子増幅検査)やれやれ!騒動」から、そもそも全世界がコロナに振り回されておかしくなってないか。一度冷静になって頭冷やしてから考えたほうがいい。検査陽性者数が増えただけで、重症者も死亡者も増えてないということは、既に毒性は薄れてるとみるべきでしょう。メディアの恫喝報道の微妙な変化、最初は「短時間に急速に悪化して死亡例」流し、ネタ切れになると、「検査陽性者数増加」で脅しに變化してくる。川崎病に似た云々、血管障害云々(虚血性心疾患含む)、等々も脅しのネタ切れの時系列でみると、虎視眈々とネタ探しに専念してきたメディアの姿勢、異様対質がみてとれる。扇動誘導報道、先導誘導報道、こそが彼らメディアの目指すメディアの自由自在に操れる社会。感冒すら利用できることを覚えた時点で、止まることはないとみていた。
  もう一度確認します。検査陽性者数増加して重症者数も死亡者数も増加していません。
   
検査陽性者/検査受検者でデータ出すべきだ。また、数の垂れ流しではなく、中等症と
  重症者の割合、ないし数も出すべきだ。感染症の緊急事態ではない。
  #異様事態 の解決策提示するのが今喫緊の課題である。
  
  • ^_^
  • 2020/07/12 11:40 AM
補足。
遺伝子増幅検査、PCR は感度が良すぎるのです。インフルエンザで遺伝子増幅検査したら、とんでもない数になってしまうでしょう。感染力ない時点で拾ってしまいます。
ノーベル賞芸人の山中さんもその点を指摘しません。現場みてないからです。
当初から遺伝子増幅検査に拘った理由が、まったく不明で、PCR というキーワードが一人歩きした結果だとみてます。
勿論、一部のケースでは急速に悪化してしまうこともあるようですが、稀なケースに惑わされ全体像を見失っているように感じてます。
  • ^_^
  • 2020/07/13 7:41 PM
お久しぶりです。
大阪の方は感染者が増加しており、先生も大変な思いをされているのでは。
こちらも戦々恐々としながらも、
相変わらず日々の診療、患者さんとの触れ合いにやりがいを感じながら働いています。
これも先生に教えてもらった事です。
お身体に気をつけて下さい
  • 高知より
  • 2020/07/19 9:09 AM
コメントする








   

4コマ漫画



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

最新の記事

アーカイブ

コメント

その他