行き場の無い患者さん。

医療制度の変化で、行き場の無い患者さんが出てきています。救急で入院治療すると、「急性期」ということでまだ治療が終わっていないのに「回復期」の病院に行くように急かされます。病状によってはなかなか受け入れてくれないことも有ります。遠方になることも有ります。そこが過ぎると、療養病院に行くように急かされます。退院したくても出来ない事情のある人もたくさんです。本来は患者さんが信頼出来る病院で検査治療をして、元気に自宅へ帰るのがあたりまえです。しかし、今の現実はぐるぐる回されてどうなっていくのか検討もつかないようになっています。誰のための医療なのでしょうか。厚労省は何を考えているのでしょうか。

関連する記事
コメント
コメントする








   

4コマ漫画



S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

最新の記事

アーカイブ

コメント

その他