導尿



電話がありました。「導尿してもらえますか」  「どうぞ」と答えました。こんな質問の電話は、初めてです。まあ大したことではありませんので、気にも止めませんでした。やって来たのは、私が診察に行っている作業所の患者さんでした。原因不明ですが、年に一度位の頻度でなるそうです。あちこち近隣のクリニックに電話をしたが、対応してもらえなかった様です。悲しいですね。

自分の仕事と認識していることは、それなりにこなしていますが、地域に必要な事は何かを考えてクリニックをしている医者が居ないのですね。

顔馴染みの医者に対応して貰って、患者さんは満足でした。


訪問診療専門



半年前、私が訪問していた患者さんが、「訪問診療専門」と言われている医者に、取られました。家人の意向ですので、文句のつけようがありません。医者が変わって、僅かの間に入院となり、今は意識も無く点滴だけの状況です。私が訪問していた2年余りは、ずーっと自宅で穏やかに過ごされていました。家人も悔やんでいるそうです。


社会的責任



最近の病院は、その「社会的責任」が薄れています。診療予約体制、待ち時間、診療内容、入院拒否など。そんなことで良いのかと、悲しくなります。患者さんは、巷で右往左往しています。医者はもっと患者さんの現状を見るべきです。全て事務員対応では、医者の心意気が伝わりません。



4コマ漫画



S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最新の記事

アーカイブ

コメント

その他