自費診療

現在の医療、介護の経営者は、現存の保険制度の中でその運営をやろうと必死になっています。患者、利用者もそっちのけで目先のお金を追っています。現存の保険制度では、患者、利用者さんのことを十分出来ないことは皆さん解っているのにどうしてもそうなってしますのですね。私はこれからは保険制度の範囲を超えて、患者、利用者さんにサービスを提供していきます。そのためには、自由診療、自費診療を活用していきます。具体的にはここでは述べませんが、とにかく既存の枠を超えないと当たり前のことが出来ません。

訪問看護

今日は大東市の訪問看護ステーションの集まりに行ってきました。各施設の現状と問題点を聞かせてもらいました。一番は医者の関わりです。在宅ターミナルにおいても協力してくれる医者がいないと嘆いていました。24時間体制の取り方を知らない人が多いのです。私が医者の啓蒙の役割を仰せつかりました。スタッフの確保が次の問題でした。結束力の欠如が今頃になって響いてきていると思います。看護の質、社会的評価、保険制度に乗っかりすぎたのが問題だったと思います。少し難解ですね。

降りてくる

ケアマネさんは主張しています。「お医者さんは高いところにいて近寄りがたい」と。私も昔はケアマネが来たら、嫌な顔をして追い返していました。大きい病院で診療しているとそこまで目が行かないというのが本音です。でも間違いです。これからの医療はケアマネ抜きではやっていけません。ケアマネのところまで降りて行って、協力し合うのが患者さんの医療介護に必要とされます。介護保険ができた時はケアプランは訪問看護の看護師が作るのがいいと思っていました。ケアマネは失策と考えました。しかし、今では訪問看護がケアマネに押されているのが現実です。私は降りていきます。


4コマ漫画



S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最新の記事

アーカイブ

コメント

その他