肩の荷

長く勤務医をしていました。いつも「肩の荷」が重くのしかかっていました。先日アルバイト先の病院も辞め、私の勤務地はクリニックだけとなりました。その途端に「肩の荷」が下りて、楽になりました。クリニックで患者さんを診察するのが楽しくなりました。ウキウキした気分です。何なんでしょう。でも何か素晴らしいことのような気がします。楽しく日々が過ごせるのは幸せです。

距離

長く勤務医をしていました。それも管理者でした。患者さんの視点から見た医療を目指していました。誰よりの患者さんの近くにいたつもりでした。この1ヶ月前に開業しました。今までと違うのは、患者さんとの距離がもっと近くなったことです。歩いていても、患者さんの方から、気軽に声をかけてもらえる機会が増えました。些細な相談も持ちかけられるようになりました。良いことだと思います。患者さんと同じ目線で付き合うようになれた気がしてきました。私の存在が、近隣の皆さんの支えになれると嬉しいです。

サ高住

サ高住とは「サービス付き高齢者住宅」のことです。高齢者社会に向けて各地で作られています。良否は様々です。必要度はあります。大東市で初めてのサ高住が先日でき、施設長の人が挨拶に来られました。30室ありますが、まだ入居者はいないとのことでした。先が心配です。何か特徴を持っていないと入居する人が出てきません。施設長は近隣の挨拶だけで、差別化の具体策はないようでした。医療との連携を打ち出しては如何かと提案しましたが、シガラミがあるようで即断はできないようでした。折角出来た施設ですので地域で価値あるものに育てたいです。


4コマ漫画



S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

最新の記事

アーカイブ

コメント

その他